採用情報

20卒新入社員に5つの質問!キーマケに決めた理由や就活中の学生へのアドバイス

  • -
  • -
  • -

マーケティングチームのリサです。

2020 年度がスタートし、今年度は 5 名の新卒メンバーが入社しました!

今年で 6 年目となる新卒採用。新卒研修は、基本的な「Web マーケティング」や「広告運用戦術」を学ぶ研修に加え、これまで OJT として先輩メンバーがそれぞれ教育していた内容を体系化し、新たに追加しました。

新たに追加された新卒研修

  • CSV 研修
  • エディター研修
  • 報告書作成研修
  • 調整研修
  • クライアントワーク研修
  • エリアマーケティング研修
  • ソーシャルクリエイティブ研修
  • Google Analytics 研修
  • タグ、データフィード研修

研修のアップデートは毎年おこなわれており、未経験の新卒メンバーが学び成長できる環境が年々整備されています。

新卒メンバーに 5 つの質問!

例年とは違い、在宅勤務でのスタートとなっていますが、MOS や Google 広告認定資格に全員が一発合格!

ハッピーなニュースを次々と届けてくれている新卒メンバーの素顔に迫るべく、5 つのことを聞きました!

Q1. 広告業界を選んだ理由を教えてください。

人にものを伝えることが好きだからです。もともと常日頃からおいしい店やおもしろい漫画を友人たちによく薦める方でした。その趣向が高じて、SNS で情報発信を始めたりするうちに、どうすればより多くの人に有益な情報を届けられるか考えるようになりました。中でも、情報拡散力の高いネット広告業界に惹かれて、選びました!

大学 3 年生の夏にインターンシップ合同説明会に参加して、いろんな業界の方と関わることができる広告業界に興味を持ちました。そこから、キーマケの夏・冬のインターンや説明会で Web 広告業界の成長度や業務内容を教えていただき、実際にエントリーした会社は全て Web 広告業界の会社でした。

経営学科だったので、そこで学んだことを生かして仕事ができたらいいなとぼんやり思っていました。大学 3 年の頭にあった合同説明会で初めて広告業界を知って「もうこれしかない!」と突っ走り、今に至ります。ディスプレイ業界にも惹かれていたので、何かを作り出したり伝えたりすることに魅力を感じていたんだと思います。

大学でマーケティングを専攻していたこともあり、マーケティングに携われる業界を志望していました。就活を進めていくうちに広告のなかでも様々な業界があることを知り、日常的に最も接触時間が長いと思われるのが Web 広告だったため、この業界に絞り込みました。

私は、就職活動中に様々な業界の企業を受けましたが、事業内容に最も興味を持ったのが広告業界でした。大学では地域創生とデザイン系の勉強をしており、マーケティングにはほとんど触れたことがありませんでしたが、それまで自分が学んだことも活かしつつ、挑んだことのない分野で学んでみたいという思いから、Web 広告業界を選びました。

2 年目メンバーが 1 人ずつサポートに付き、毎日終業前には 1 日の振り返り MTG をしています。

Q2. キーワードマーケティングに決めた理由はなんですか。

やりたいことがいい環境でできると思ったからです。広告はやりたい職種で、それがホワイトな環境でできたらいいなと考えていたところ、キーマケを見つけたので応募しました。仕事内容もさることながら残業時間の少なさと、実際に説明会に参加した時のフレンドリーな雰囲気も決め手だったなぁと思います。

一番の決め手は雰囲気です!インターンイベントで謎解きを絡めたインターンが開催されることを知り、謎解きが好きなので参加を決めました。Web 広告の会社なのに謎解きをするという斬新さにも惹かれましたし、実際に説明会などで話していただいた社員の方々がみなさん仲良さそうで楽しそう!と思ったのでキーワードマーケティングに決めました。

吹奏楽部時代の経験で、「大変なことも信頼できる仲間と一緒なら乗り越えていける」と思っていたので、とにかく社内の雰囲気を重視していました。説明会での社員同士の雰囲気だったり、面接で実際に対話したときの雰囲気、最後は直感でここを選びました。入社して実際に先輩方とお話して、私の判断は間違っていなかったと思っています。

一番の理由は、会社説明会でおこなったワークショップです。会社説明会に参加するまで会社のイメージが全く分かりませんでした。

そんな中、会社説明会でおこなったワークショップがとてもおもしろく、ワークショップの内容がどのように仕事と関連しているのかという説明までしていただいたので、会社と仕事に対するイメージがとても理解できました。就活をしている中で、一番働くイメージを持てた会社がキーマケだったのでこの会社を選びました!

佐賀支社は女性の先輩社員も多く、歳の近い方も多いことから、働くイメージを持てた点が一番の要因です。また、佐賀にいながら世界に配信される広告に携わることができるという点も大きな魅力でした。その分責任ある仕事ばかりですが、やりがいを持って働くことができると感じています。

Q3. キーワードマーケティングの先輩たちの印象を教えてください。

めちゃくちゃ親切です!コロナウイルスの影響でかなり変則的なスケジュールになっていると思うのですが、不安なく研修できるようにバックアップ体制が万全でびっくりしました。バーチャル背景を活用して、雰囲気を和ませてくれるひとも多くいて、いい雰囲気だなぁと思っています。

広告業界は世間一般的にブラックなイメージが強いと思います。まだ入社してから 1 カ月も経っていませんが、ルール研修などを受けていると、残業は少ないし休暇も取りやすそうなイメージだし・・・就職活動時代に感じていた「広告業界=ブラック」のイメージは完全になくなりました

オフィスでジーパンを履いている先輩を見たときは、想像していた社会人とはいい意味で違っていて驚きました。また、昼のおしゃべり Zoom やチャットに投稿されていたビデオ会議の様子などを見ると、とても明るくておもしろい人たちがたくさんいるのだと思います。私も早く馴染めるようにがんばりたいです!

入社前までに何回か懇親会に参加させていただいたのですが、社員さん同士がとてもフランクにコミュニケーションをとっているという印象を受けました。入社後は想像以上に社内コミュニケーションが活発で先輩方にも話しかけやすい環境だと思いました!

部署問わずいろいろな方とコミュニケーションをとれる機会が多く、新卒メンバーにも声をかけていただけるので人間関係の不安はなくなりました。在宅勤務中でもオンラインでのコミュニケーションがとても活発で、少し驚いています(笑)。

入社前のイメージから変わらず、優しくて穏やかな先輩ばかりです。そんなみなさんも、定時間際になるとキーボードを叩く音が一段と早くなり、オフィスにキーボード音だけが響いていることがあります。普段からするとそこはギャップかなと思います(笑)。

Q4. あなたにとっての「HAPPY」はなんですか?

漫画が大好きで毎日読んでいます。漫画雑誌の発売日は曜日で決まっているので、ジャンプを読みながら「そうか、今日は月曜だ・・・」となることが多いです。ほぼ毎日違う雑誌を読んでいるので、曜日感覚は漫画雑誌で整えています(笑)。読んでも読んでも新しい漫画が出てくるので、いい時代に生まれたなぁと思っています。感想を Twitter で呟くのも楽しいです!

ディズニーシーが大好きです!遊びに行くのはもちろん好きですが、アトラクションのバックグラウンドストーリーを調べたり、YouTube で過去にやっていたショーの動画を見たりするのも大好きです!今は休園していますが、また遊びに行けるようになったら年パスを買って終業後に遊びに行くのを楽しみにしています。

一番心の支えにしているのは「推し」です。色んな界隈に推しがいますが、特に推しているネット活動者が毎日の活力です!動画や生放送を聞いて、関連する CD や本を片っ端から購入し、ライブやイベントに行くことが何よりも好きです。なにかと推しの色を身につける傾向があるので、赤色と青色に染まった私物を見て日々推しを感じながら楽しく生きています!!

お金をかけて徹底的に音楽に浸ることです!何か大きなことをやり遂げたときはご褒美として「BLUE NOTE TOKYO」というジャズクラブに行っています。お値段的にも年齢的にも場違い感が否めないのですが、半ば無理やり行っています(笑)。ですが、やはり田舎者なので一回行くだけでお店のオシャレな雰囲気にあてられてとても疲れます。

3 人の姪っ子甥っ子の成長を見ることです。コロナウイルスの影響で今は会えていませんが、夜や休日にはよくテレビ通話をしていて、保育園であったことを教えてくれたり、好きなアニメの話をしてくれたりします。一番下の生後 7 か月の女の子は、寝返りができるようになったり離乳食を食べるようになったりと、成長が目に見えて分かり、そんな様子を見ることが一番の癒しになっています。

Q5. いま就職活動中の学生のみなさんへメッセージをお願いします!

「説明会で技を盗もう」です。説明会って面倒くさいイメージがある人が多いと思います。眠くなったり、聞き流しちゃったり。でも視点を変えてみるとすごいおもしろいし、学べることが多いです。

例えば、採用担当者の自己紹介。メモをとる人はほぼいないと思います。ですが、考え方を変えれば、これは自己紹介の模範解答なんです。採用担当者とは、人を採用するプロなわけですから、会社屈指の対人スキルを持っている存在が選ばれているはずです。

どういう目線、表情、声量で、自分をどのように紹介しているか。型を学び、自身の面接に活かすことができます。つまり説明会はプロから秘伝の技を盗むチャンスというわけです。ちょっと説明会が楽しくなりませんか?

「自分がやりたい仕事に就く」のを軸にして就職活動をしていました。自分の性格的に楽しいと感じることじゃないと長く続けられないので、業界も業務内容も職場環境も自分に合った場所をひたすら探していました。続けていれば必ず自分に合った会社が見つかるので、周りの人が内定をもらっていても焦らずに、自分のペースで自分に合った場所を見つけてください!応援しています!

就活は会社との相性もあるので、自己分析や業界分析をしっかりして山ほど説明会に行っても、毎回必ず結果がついてくるというわけではないと思います。落ちたとしてもあまり気に病まずに「あの会社、もったいないことしたなあ」くらいの気持ちで次に切り替えていきましょう。

周りと比較して焦る気持ちもあるとは思いますが、内定が早かろうと遅かろうと4月1日に入社するのはみんな変わらないので、焦らず諦めずにがんばってください!

「周囲と比べないこと」です。それぞれに得手不得手があるので、大手企業に内定を貰えたりや早く内定をもらえることが優れているということではないと思います。周囲と比較して自分を卑下したり、無意味な焦燥感に駆られるのは就活へのモチベーションに影響するので、自分に納得のいくいい就活ができるようがんばってください!

また、業界が絞り込めていない場合は様々な業界を受けると新たな視点や価値観に出会えることがあるのでおすすめです。ぜひ楽しい就活をしてください!

私は、ゲームや小説を作るイメージで、自分にキャラクターづけをしていました。受ける企業によって自分のアピールポイントを変える場合、その度に面接の回答を考えるのは膨大で大変だと思います。そのため、キャラクターづけの段階で長所や短所、趣味、学生時代にがんばったことなどをある程度設定しておき、それを意識しながら他の質問に答えるようにすると、軸のぶれない受け答えができると思います。

5月開催 会社説明会のお申し込みはこちら

4 月の会社説明会はすべて Youtube での配信に変更となりました。配信を希望される方はマイナビよりエントリーをお願いします。

5 月以降に開催予定の会社説明会につきましても、マイナビからお申し込みください!

マイナビエントリーはこちらから

こんな記事も読まれています

pagetop