採用情報

どんどんどんで成長中!九州佐賀支社 オペレーションセンターの3年とこれから。

  • -
  • -
  • -

九州佐賀支社の古賀です。

初投稿です。この記事で伝えたいことは、

  • 実は佐賀県にもキーマケがある
  • 運用に伴う「オペレーション業務」を巻き取るための支社
  • もう4年目。着々と増員しており、12月にも新メンバーが加入

こんな感じです。
弊社に興味がある方は、ぜひ最後までお付き合いください。

佐賀県に進出していたキーマケ

佐賀県ってご存知ですか?

「はな◯」「琵琶湖がある」「◯頭2:50」「がばいばあ◯ゃん」大体こんなイメージを持たれています。正直言って、イメージ通りの田舎です。

しかも、琵琶湖は滋賀県です。👊

そんな佐賀県ですが、九州の福岡県と長崎県の間に位置しており、羽田(東京)から1.5時間で着きます。

本社からもそう遠くない佐賀県は、九州ならではのご飯も美味しく、住みやすく、そしてIT企業が増えてきている県なんです。

東京から佐賀への直行便は1日に5本出ています。

そこへ、キーワードマーケティングは先駆けて、2016年12月に九州佐賀支社を開設しました。

九州佐賀支社外観

“オペレーションセンター” とは

九州佐賀支社は、別名オペレーションセンター(通称オペセン)と呼ばれています。

オペセンは、広告運用担当者の裏方として活躍しており、今のキーマケには必要不可欠な存在です。

広告運用では、たくさんのオペレーション業務が生まれます。

  • 広告の設定変更や新規入稿に伴うExcel作業
  • 分析のためのパフォーマンスチェック
  • LP改善のためのサイトチェック
  • お客様への成果報告のためのレポーティング etc.

それこそ、想像を超える量のデータを扱います。一人でいくつものアカウントをじっくり分析したり、対応していたりすると、時間が足りなさすぎてあっという間にパンクすることに・・・。

膨大なオペレーション業務が生まれる広告運用ですが、猫の手も借りたい担当者の効率化・改善を目的として、キーマケは九州佐賀支社を立ち上げました。

九州佐賀支社と東京本社では、チャットやクラウドを活用してオンラインで共同作業をし、IT業界ならではの効率化を意識したルーティンワークに取り組んでいます。

今や九州佐賀支社は、本社で生まれるオペレーション業務は全て巻き取ってやろうという意気込みで、日々切磋琢磨しています。

そんなオペセンも4年目に突入

最初は「何をしたらいいか分からない」

1日の半分を暇していた黎明期。

今考えるとうらやましい限りですが、こんなんで良いのかといった焦りもありました。

「急に依頼が来て忙しくなったときのために備えておくように」という社長の滝井さんの号令のもと、日々爪を研いでいました。

オペセン開設時のすっきりしたデスク周り

そして、メンバーは様々なオペレーション業務でトライアンドエラーを繰り返し、「オペレーション」をバリバリこなしまくる支社へと成長しました。

今では人もモニタも増えた

滝井さんからも評価していただいています。

キーマケ近況報告 2019

広告運用に関わるオペレーション作業(1,000個以上ある広告文の一括変更など)を佐賀支社のオペレーションチームが一手に引き受けてくれるために、東京の広告運用チームは分析、チューニング、クライアントワークなどに集中できるようになりました。キーワードマーケティングの残業時間が10時間未満なのは、明らかに佐賀支社の活躍があります。さらには、発足から3年以上が経過するも離職者がわずか1名のみと、経営者からするととてもありがたい安定したチームといえます。

とても頑張りがいがあります!

オペセンのこれから

力をつけてきた九州佐賀支社は、さらに高いレベルの運用サポート(簡単な入札調整やレポートづくり)を始めています。

オペセンでクライアントワークは行いませんが、人材の補強も順調なため、より高度な仕事に挑戦していきます。

この業界内でも、佐賀でも、まだまだ大きくなっていくことでしょう!

新メンバー紹介

12月、またメンバーが増えました。

忙しくなってきたオペセンですが、人員強化のため、また新しいメンバーが仲間になりました。

京都から佐賀へ来られた古賀さん(以下古賀2)。「古賀」という名字は佐賀県では珍しくないので、これを書いている古賀も同姓の古賀2が来た時点では、古賀だけで判断して同じ佐賀の古賀だと思ってました。

古賀2は結婚して古賀化したそうです。

オペセンの先輩にも京都出身の方がいて、同じく結婚を機に佐賀に来られています。はんなり京都弁とどぎつい佐賀弁が飛び交う職場はキーマケくらいじゃないでしょうか(笑)。

古賀2は、私古賀の方言に慣れておらず、何を言っているのか分からないことがよくあるそうです。

ケンくん

キーマケに入ってどうですか。

古賀2

まだまだ慣れないことも多いですが、みなさんに助けていただいてとても助かっています!

職場も音楽が流れていて、穏やかで集中できる環境です。佐賀弁もたくさん聞こえてくるので、とても新鮮で毎日楽しく過ごす事ができています。

ケンくん

これからの意気込みをお聞かせください。

古賀2

まずは、与えられた仕事をしっかりとこなせるように頑張ります!そして、バックオフィス担当としても頼られる存在になれるよう頑張ります。

まだまだ至らないところばかりですが、1日でも早くみなさんのお役に立てるよう努力しますので、よろしくお願いいたします。

ケンくん

頑張ってください!

最新の広告運用を佐賀から支えませんか?

オペセンは今では、当初では考えられないくらい、日々のリソース管理に追われています。常に、効率化・改善を前提として、幅広い業務を行っています。キーマケの九州佐賀支社はこうして、順調に拡大を続けています。

もちろん、エントリーは京都の方限定ではありません(笑)。気になった方はぜひ以下のフォームよりご応募ください!

今後、佐賀からの発信では、オペセンの業務などを掘り下げて紹介していきたいと思います。

ありがとうございました。
そいぎ。

こんな記事も読まれています

  • TOP
  • キーマップ
  • どんどんどんで成長中!九州佐賀支社 オペレーションセンターの3年とこれから。
pagetop